EMエコだより

菜の花の沖縄日記 坂本菜の花著

2020-08-08 (土)

石川県から中学卒業後に沖縄県の無認可学校「珊瑚舎スコーレ」に進学。
その時期の日記と先生の対談などをまとめたもの。
スコーレには小学生から高校生までの年代の子供たちと、夜間中学の80歳を越えるおじいたちが通い、体験重視のユニークなカリキュラムで構成され、時には様々な年代の数十人が一緒の授業に参加するなどの独自の学びの場を作り出している。

小学校にも行かせてもらえず、漁師に丁稚奉公のような形で身売りされて苦労して生きてきたあるおじいは、ずっと「海は二度と見たくない」とまで言って海に対してトラウマを抱えていたが、学校生活を送る中で心の変化が起きて、ある時に皆で魂魄の塔に行った後、海を見て一人離れてボロボロと泣き「ああやっぱり、俺は海に育てられたんだな」と思えたと。
「漢字が書けるようになったとか、算数ができるようになったとかではなく、学校は人にこういう変化をもたらすところなんだとわかった」、と先生が言っています。

また、国家が独占している「学び場」を作る権利は、本来「学び場を作る側」が持たなければならないと主張しています。
政治が教育を思いのままにしているようでは、未来はないということでしょう。
 
沖縄戦の悲しさを語った文章もありました。
戦時中に避難場所となった自然の洞窟「ガマ」の話です。本書から

チビチリガマには住民140人が避難し、そのうち83人が集団自決(集団強制死)しました。
一方、シムクガマでは誰も死にませんでした。
この違いは何か。
ガマの前まで米軍が来たとき、どちらも中は混乱状態でした。
米軍に捕まれば男は銃剣で刺されて戦車でひかれ、女は暴行されて殺されると教えられていたからです。
でもシムクガマにはハワイ帰りの男性が二人いました。
彼らは「米軍はそんなことはしない」と思っていましたが、敵国語を話す者はスパイと見なされ、信用されていませんでした。
しかし最後は、同じ殺されるなら太陽を見て死のうよ、という彼らの言葉で全員ガマから出て捕虜となり助かりました。
対してチビチリガマでは「生きて虜囚の辱めを受けず」の言葉を信じたのです。
六割が十八歳以下でした。子どもは自分で死ぬことができないので母親が殺したそうです。
 

辺野古新基地護岸、震度1で崩壊恐れ 調査団が沖縄防衛局の設計条件で算出

2020-08-01 (土)

米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設について独自に検証している沖縄辺野古調査団(代表・立石雅昭新潟大名誉教授)は2日、大浦湾に軟弱地盤が広がっていることから震度1以上の地震が発生すれば護岸が崩壊する危険性が高いという解析結果を発表した。
これまでも護岸崩壊の可能性を指摘してきたが、今回は一部データを切り捨てた沖縄防衛局の設計条件に合わせて計算しても、地震発生時には護岸が崩壊する恐れがあることを指摘した。
調査団は「辺野古・大浦湾で工事を強行するのは無謀だ」と指摘している。
米下院軍事委員会の即応力小委員会でも国防権限法案に関連して軟弱地盤を念頭に新基地建設続行に懸念が示されている。
調査団によると、防衛局は軟弱地盤の改良工事を検討する際、平常時の護岸の安定性のみを計算して「問題ない」と説明している。
今回、調査団は地震を想定して護岸が安全かどうかを確かめる「安定性照査」を実施した。
その結果、震度1でも一部護岸が壊れ、震度2以上では大浦湾側を取り囲む外周護岸の大部分が崩壊する危険性が明らかになった。
2010年から20年までに、辺野古に隣接する名護市豊原では震度1以上が60回、震度2以上が13回、震度3以上が3回観測されている。年間に震度1以上が6回、震度2以上が1回、震度3以上は3年に1度という頻度になる。
調査団は「施工中あるいは完成時に同規模の地震を受ける確率は極めて高い」と説明した。
調査団は2日、防衛省と沖縄防衛局、同局が設置した技術検討会に調査結果を送付し、確認を求めた。
立石代表は本紙の取材に「私たちの計算が違うというなら、自ら計算し安全性を証明すべきだ」と語った。

ウイルスは悪者か 高田礼人著

2020-08-01 (土)

何度かお目にかかったことがある著者によるもので、かなり専門性が高い内容となっており、難解な部分は飛ばし読みして何とか最後まで読み切った。
人間の体内にも共存するウイルスが存在し、生存戦略としての合体が、現代の人類の肉体を形作っていることを考え合わせると、敵視するだけではいけないということと、合わせて、新型コロナウイルスの特異性が、これからの人類に何をもたらすためにやってきているのかを考えさせるものとなっている。
「撲滅」は到底無理な話ということで、ワクチンの開発は重要であるし、ウイルスとどう折り合いを付けながら社会生活を持続させていくのかを真剣に熟慮しなければならないと考えさせられた。
先月「もうワクチンはやめなさい」の趣旨に賛同して、その内容を紹介しましたが、新型コロナウイルスの現状を報道で見るにつけて、医療従事関係者や福祉関係者などの生命安全確保も考慮されなければならず、たとえ、追いかけっこになろうとも、ワクチンの開発には十分な予算が充当されなければならないと考え直しました。
ただし、昨日発表された米国製薬会社からの来年6月の6000万人分の高値契約?ではなく、製薬会社の莫大な利益に繋がるものではない適正価格で流通される形でお願いしたいものです。

バブルガード

2020-07-01 (水)

バブルガード図

もうワクチンはやめなさい 母里啓子著

2020-07-01 (水)

2014年10月発行の本で、著者は元国立公衆衛生院(現国立保健医療科学院)疫学部感染症室長。
ワクチン産業とも呼べる容易に莫大な利益を上げるための実態を紹介しています。
厚労省(厚生省)と製薬会社の癒着とも言える、国民の不安を煽り立てる広報と、それに易々と洗脳されてしまう国民性に警鐘を鳴らしています。
ワクチン接種では免疫生成はされない2歳児までに10種類以上のワクチン接種がなされているということに驚き、中学生までの集団接種の効果がないとわかると、次には高齢者への危険性を煽り立てて摂取を拡大させているインフルエンザワクチンの存在、すべてのワクチンの危険性と不必要さを明らかにしています。
現在、新型コロナウイルスに対するワクチンの早急な開発が望まれていますが、ウイルスは刻々と変異するものという常識から見れば、ワクチンに頼る考えは愚かなのでしょう。
周囲への細やかな気配りと健康な食生活、穏やかな気持ちで毎日を過ごすことが一番の予防法かと考えます。
ちなみに、1918~1919年のスペイン風邪で3千万人が亡くなった原因が、最近では、解熱剤のアスピリンの大量摂取によるとの説が有力になってきているようです。
アスピリンで、脳がやられ肝臓がやられてしまったと書かれています。
そして、今ではより強い解熱剤ボルタレンやロキソプロフェン、ファモチジンなどが容易に入手できることを憂えています。

イージスアショア

2020-07-01 (水)

秋田、山口に予定されていたミサイル防衛のためのイージスアショア配備計画が突然の中止となった。
迎撃時の安全性に問題があるとのことだが、そもそも日本国内に向けての低空飛行で攻撃された場合には撃ち落とすことが出来ないと言われ、あくまでも、米国への弾道ミサイル迎撃用だった、との話もあった。
6000億円もの費用に関しても、米国の言い値のままの高額購入がささやかれ、ヨーロッパに配備されたイージスアショアは米国が費用負担したようで、すべてが米国の言いなりになっていたものだ。
安全性を担保するには10年以上の技術開発が必要ということが断念の理由らしいが、本当のところは米国のミサイル防衛システムの変更によるものとの見方もあるようで、反対運動が起きていた地元への説明会では一切触れられずにいた事実。
同じく、反対の民意が示されている沖縄県の辺野古移転は1兆円を越す予算と、将来的に予想される地盤沈下を無視しても10年以上の工期が見込まれ、現在も甚大な騒音被害と落下物事故などの精神的被害は延々と続いていく。
6月23日の沖縄慰霊の日に、安倍首相は「沖縄県民に寄り添う」ビデオメッセージを送っていたが、コロナ対策で見え見えとなった口先だけのメッセージには、空虚さしか感じない。
新たに、自民党では敵基地攻撃能力の保有を見据えた議論が始まっているという。
北朝鮮の脅威をあおり、年々、防衛費を上げ続けて、自衛隊員の命を考慮しない政治家には早々に退陣してもらうほかない。

生活保障

2020-05-01 (金)

コロナ感染が予想以上に広がりをみせ、医療崩壊を恐れるあまりに検査対象を過剰に絞り込み、この時点から医療拡充対策を進めて来なかった弊害が感染度合いの現状認識を不可能にし、自粛解禁の数値的な目安を明らかに出来ない状態です。
アベノマスクに象徴的な見当はずれな対策による不安と、終わりの見えない外出自粛要請で、文化を創造してきた人たち、サービス産業の人たち、農業、漁業関係者まで多くの人たちの生活が脅かされています。
2019年の調査では、独身者の20代から50代までのおよそ4割、二人以上の世帯でも20代で32.2%と多数の国民が貯蓄の無い生活をしていることを考えると、アルバイトで何とかしのいでいた学生さんの2割が退学を検討しているとの報道にも驚きはありません。
多数の困窮者が人生を捨てることの無いようあらゆる政策を持ち出しても成果を上げなければなりません。
多くの人の生命に関わる史上最大の国民の危機なのですから。

ふくしま原発作業員日誌 イチエフの真実、9年間の記録 片山夏子著

2020-04-16 (木)

著者は事故直後から現地に出向いて福島第一原発で働く作業員からの聞き取り調査を続けてきた中日新聞東京本社(東京新聞)の記者で、事故から8年目には咽頭ガンを発症。新聞に連載されていたものをまとめたものです。
復旧作業の過酷さに立ち向かいながら携わる人たちがいる一方、年間の被爆放射線量に振り回される作業員の使い捨てが横行し、副次の下請け会社が関わることで不慣れな作業員の増加、業務優占のための被爆放射線量のごまかし、当然ながらの被爆による発がん、危険区域での防護服着用に伴う灼熱作業、過酷労働に対する危険手当の搾取など、このままでは、熔解した濃縮ウラン燃料棒、デブリの取り出しに関わる熟練技術作業員の不足が危惧され、完全な終息ゴールは見えない状況のようです。
2011年3月11日から12月16日の事故収束宣言までに緊急作業に従事した2万人のみに対する長期的な健康調査、疫学調査も3000円の日当しか出ない、検査数が多くて面倒などの理由から思うように進んでおらず、結局、放射線に対する健康被害の実態はうやむやのままになりそうです。
気にかかっていた凍土遮水壁に関しての記述もありました。
320億円をかけて2017年11月に完成し、日量400tの汚染水が120tに減少したものの、台風などの大雨がくると増量するとあり、遮水壁に貫通部分があるようで、さらに、2年後には貯蔵タンクを設置するスペースがなくなるということで、海洋放出しかないとする方針に、漁業関係者は猛反対しています。
国、東電、安全委員会側が主張する放射性トリチウムは安全、希釈すれば問題ない、などの説明には、いつも疑問符が付きます。
なぜならば、トリチウム以外は除去されていると言われてきた汚染水に、様々な放射性物質が含まれていたことが明らかになったり、一般の人に対する被ばく線量の年間許容限度1mSvが事故直後に緊急時対策として引き上げられた20mSvの基準値が、8年経っても元に戻さないまま、避難区域の指定解除がなされるなど、住民の健康に対する無責任さが際立っているからです。
最近では、現場への携帯電話持ち込みも禁止になっていることからも東電の隠ぺい体質が推察されます。
事故前の懐かしい故郷を作り直そうとの強い思いがあっても、安心できる環境に戻っていない現実があるのです。
原子力発電をもう一度しっかりと考え直さなけえればならないと感じました。

コロナウイルス対策にEM活用 韓国

2020-04-03 (金)

韓国の対処法です。
アカデミー賞で有名になったパラサイト家族にも有用とのことです。
以下エコピュアから転載。

ソウル特別市冠岳区がコロナ19防疫死角地帯にある世帯に対し、防疫消毒と、感染症の拡散防止を目的に有用微生物群(EM)とアルコールを活用した消毒サービスを行ったと、ソウル日報が報じた。
“今回の防疫は、保健福祉部と環境庁(EPA)が認定した人体に無害な有用微生物(EM)とアルコールを活用して行われる。感染症の拡散防止だけでなく、害虫駆除、下水道悪臭除去、カビの除去にも効果があり、半地下に居住する住宅脆弱階層の快適な住居環境を造成するのに大きく寄与するものと期待される”
(引用元記事 / ソウル日報:ソウル特別市冠岳区、住宅弱者200家具防疫消毒サポート
http://www.seoulilbo.com/news/articleView.html?idxno=410591)

「ライオンのおやつ」小川糸著

2020-03-19 (木)

瀬戸内海に浮かぶ小島のホスピスを舞台に、若くしてお世話になることになった女性を主人公にしたものですが、とても考えさせられました。
死を目前にした時、夜の長さ、恐怖、痛み、すべてに耐えられるための諦め、悟り、すべてが実感できないままお終いを迎えてしまうのか。
残り数カ月と宣告されて生き続ける時、自分だったらどう過ごすだろうかと。
遠くの友人とも会いたい、協力隊の仲間、前の会社の同僚、高専時代の級友、中学校、小学校の友達、沢山の人と最期の別れをとも思うけれど、現実になれば、ほんの少しの人との別れになるのだろうな。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩