EMエコだより

映画「いただきます2withコロナ」監督オオタヴィン

2021-08-30 (月)

8月29日配信で鑑賞。
「5ALA」による治療のデータなどが加えられ、吉田俊道さんが主役に近い形で、畑の様子や講演会、保育園や学校での実践の様子などが紹介されていました。
そして、自分の身体が持っている「自然免疫力」を高めるには、バランスの取れた良い食材を使った食事が大事だと強調していました。
また、お米の消費量の多い国は死亡率が極端に低いというデータも紹介されていました。
そして、ワクチンなどの外部からの接種などによる「抗体免疫力」は、自然なものではないことによる副反応の心配があるが、「5ALA」は人体でも生成される物質で、すでに商品化もされており、安全性にも問題無く、何より、国内生産が出来て、錠剤タイプであるので、ワクチン保存に欠かせない冷蔵設備などは不要で、医療従事者の手間も少なく、治療のみならず予防効果も期待出来ると、いいことだらけの特効薬ということです。
しかしながら、薬として認可されるためには数年の期間と10億円以上の資金が必要とのこと。
臨床試験数を増やすために、感染者の多い地域での治験を行い、早急な予算確保を行うべきで,数十兆円の浪費をこのまま継続することを考えたら、10億円など微々たる金額でしかない。
(この映画は、11月14日に再配信される予定です)

Foods for Children(略してFFC)

2021-08-30 (月)

「安心・安全な学校給食の提供を目指して!」と銘打って、FFC沖縄フォーラム
が沖縄県糸満市で6月26、27日の2日間にわたって開催されました。
私はオンラインで視聴しましたが、今回のフォーラムのチラシにはこう書いてありました。

「地球のために降りて来た子どもたちを沖縄から救おう!」
〜見える世界と見えない世界が繋がる時、世界中のミツバチと子ども達が幸せになる~
をテーマに、現在の子どもたちが置かれている現状、食と農・地球環境指標のみつばちについてなど、なぜ安心・安全な学校給食の提供が必要なのか?
保育界、農業界、養蜂界等、各界のトップランナーの方々をお招きして、お届けさせていただきます。

講師はユニークな面々で、胎内記憶や水の不思議、ミツバチの生態の不思議など、昔横浜で開催されていた船井オープンワールドを思い出しました。
胎児は自らがお母さんを選んで来ていること、お腹の羊水の状態が悪くて早産で生まれた子、産後、母親に対する感謝の言葉を胎盤や、臍帯、子宮などにも掛けてあげることで、痛みがかなり和らぐなど、常識では考えられない話です。

水は、同じ温度の条件下で気体、液体、固体でいられる不思議な物質であること、情報を持っているということ、温泉にしても懐疑的な気持ちで入浴すると効果が出にくいなど、現代医学では肉体、物質成分で判断しがちなことを憂えていました。
精神と肉体は別存在ではあるがお互いに繋がっていることを重要視すべきだと。

NHKの試してガッテンの話も出ました。
自転車のペダルを懸命に漕いで脈拍を150まで上げた後に、正常時の数値まで下がる実験をしたところ、渋谷ハチ公前と筑波の静かな山の中では3倍もの差が出たことは、環境も大きく関わりがあるということです。

ニホンミツバチはスズメバチの襲来を受けると、一番年寄りのメスがスズメバチの口元に身を挺して殺されに行った瞬間に他の蜂たちが一斉に取り囲み、ハネをフル回転することで自らの体温を上昇させスズメバチの生存温度以上にして撃退するそうです。

そして、FFC代表の前島由美氏は、保育園の園長さんですが、学習障害、アスペルガー症候群、ADHD、自閉症などの子供が全国的に急増していることを伝え、園で実践した安全でミネラルたっぷりな食事で様々な症状が改善した体験から、国に頼らない保育園の開設を目指していました。
そして、いま全国で伝えていること、として、
 ・メディアを使わない ・戦わない、ジャッジしない ・知れば変わる
を基本として、具体的な目標を掲げていました。
 ・全国各地で「自然なお米(雑穀)を作る  ・ご当地の「ミネラルふりかけ」を作る
 ・できるだけ地産地消で地元経済を回す   ・地方が都会を応援する

栃木県の新規就農農家のEMトマト栽培

2021-08-30 (月)

*重要なのは水管理とEM活性液の葉面散布
第3花房のつぼみを観察し、何本か花が咲き始めた時から肥料と同時に灌水も始める
灌水は、EM活性液50倍希釈液をトマト苗木1本につき2~3リットル。梅雨明けまでは1日おきに、梅雨明け後は毎朝あげます。
 病害虫から守るために葉面散布も欠かせません。
専用の動力噴霧器でEM活性液50倍希釈液をできる限り朝晩散布します。
トマトは高温多湿の気候が苦手で、特に大玉トマトは病気になりやすい品種です。
生産農家などはハウス栽培が一般的ですが、家庭菜園でも雨よけ栽培をお薦めします。
露地栽培の場合は、比較的病気に強いミニトマトが良いでしょう。また、高畝にしてマルチを張ったり、周りの水はけをよくする工夫をしましょう。
霜が降りるまで収穫するための管理
・収穫したら花房下の葉を取る    ・わき芽を欠く
・誘引(斜めに・花房を通路側に向ける)
・梅雨明けまでは1日おきに。梅雨明け後は毎日EM活性液(50倍希釈液)をハウス内に設置した灌水パイプ1本につき2~3リットルくらいを灌水
・2週間に1回の追肥(1㎡当たり塩100g、EMボカシ100g)を畝間(通路)に

うちの庭と市民農園のミニトマトもようやく収穫が始まりましたが、葉を摘むこと、活性液の多さ、追肥に塩、と驚くことばかりですが、EM使用量が多い分だけ、塩も有効に効いてくれるのでしょう。
これらを試してみます。

逃げおくれた伴走者 奥田知志著

2021-08-30 (月)

「勇気があるんじゃなくて、勇気がないからやめられなかったんですよ。要するに逃
げる勇気がなかった、逃げおくれた。ほんとはこの道を行くとやばいってのは、長年や
ってるとわかるんですよね。」
帯に書かれている文章で、タイトルの意味がわかった。
著者は東八幡キリスト教会の牧師さん。
ホームレスの人たちの支援を三十年以上に渡って継続し、現在は、就労するための第一条件である居住場所としての拠点作りを全国展開しようとしている。
「助けて下さい」の一言が出ない人たちに、顔を上げさせることの難しさ、しかし、そこから立ち直っていく人たちとの連帯感が逃げ遅れた理由。
まだまだ日本には素晴らしい人たちが素晴らしい活動をしていると実感できました。

クララとお日さま カズオ・イシグロ著

2021-08-30 (月)

遺伝子進化手術を受けたがために病弱となってしまった少女への、人型ロボットのク
ララの献身と切ない別れ。
臓器提供のためだけに存在させられているクローン人間を描き、映画にもなった「私をはなさないで」と同じく、優秀にさせられるなら、優秀である人間のためであれば、感情の虐殺さえも許容される未来を憂えているのだろうか。
そこには、ペットは言うに及ばず、大工道具や包丁、工具にまで心が宿り、また、それらの道具に心性を感じ取る古き良き日本人の心の豊かさ、細やかさが日本人の血を引く著者に残されているからこそ、西洋人社会においてこの作品を生み出している源なのかもしれない。

コロナ対策

2021-07-03 (土)

短期間でのワクチン開発からくる危険性に対する検証に対して、様々な情報がネットで流れている。
遺伝子レベルで次世代にまで悪影響を及ぼすという情報まであり、接種に否定的な割合もかなり高いような雰囲気だ。
副反応の出方も気にかかり、ここは思案のしどころで、自分の生活環境から考えてみる。
感染する可能性は、人との接触であるから、移動する場合は車を使い、電車、地下鉄には乗らない。
買い物時はきちんとマスクをして、短時間で済ませる。
来客時は、室内の空気の流れを良くするために、窓を開け換気扇のフル活用。
散歩の時は、あごマスクで通常呼気して、万が一すれ違う時には正常着用し、可能な限り他人に近寄らない。
ご近所さんと立ち話をする時は、お互いが風上、風下に位置しないように、立ち位置を考え距離を取る。
(風上であれば感染させる可能性、風下であれば感染する可能性がある)
そして、様々な情報の中で注目したいのは、アジアや東欧の国々の死亡率の低さは発酵食品の摂取の多さにあるのでは?ということと、長崎大学が2月に発表した「5-ALA」という物質が新型コロナウイルスを完璧に死滅させる、という研究の存在。
この物質は微生物が生成したもので、下記の表にあるように様々な食品にも含まれているとのことで、きちんとした発酵食品、EMで育てた健康元気野菜を食べ、早寝早起き、適度な運動で免疫力の高度維持に努め、EM―WやEM―1の希釈液の噴霧で善玉菌の空間を維持し、眼球や鼻粘膜には通販生活で購入した超音波吸入器(4,000円くらい)でEM-XGoldの噴霧と、水分補給時にはEM-XGoldも摂取。
これで、完璧なコロナ対応になると信じて、今まで通り、薬やワクチンに頼らない人生を送っていくつもり。

5-ala

完全なる犯罪

2021-05-14 (金)

難民に対する対応がひど過ぎる。
赤城さんの自殺の時もそうであったが、「人間の死」を把握できない役人が大勢いることに絶望を感じる。
日本は死につつある。

「名古屋市の入管施設で3月、スリランカ人の女性の体調が悪化し、死亡した問題で、法務省は中間報告に、「医師から点滴や入院の指示がなされたこともなかった」と記載していました。
しかし、報道ステーションが入手した医師の診察記録には、「点滴、入院」といった指示が書かれています。この診察記録について、法務省は13日、中間報告を作成する前に確認していたことを認めました。」

EMはエセ科学?

2021-05-05 (水)

ネット上で、「EMはエセ科学」と言われ始めてからマスコミ、公的機関は、その組織的バッシングを恐れ、EMでいかに良い結果が出ても正当に評価せず、報道されなくなりEMはエセという常識がまかり通り、マスコミでは禁句となってしまいました。
さらに、私が福島の現場での再検証の結果、EMには植物の放射能吸収抑制効果があり、同時に、放射能を消滅する機能があると主張したため、一般の学者からも絶対にあり得ないとする反論が続出し、EMバッシングも最高潮に達したのです。(中略)
学者の世界では、科学的証明の最終的な結論は、査読の最も厳しい国際学会誌に掲載されるか否かで決まります。
先ず日本土壌学会の主張は、2013年の国際園芸学会誌で完全に誤りであったことが証明されたのです。
2018年には、国際放射線環境学会誌に、“EMは植物の放射能吸収抑制に顕著な効果がある“という論文が掲載されました。
ついで2019年には、国際常温核融合学会誌に、”EMは放射能を消滅する機能を有する“という論文も掲載されました。
この二つの論文は、EMによる放射能汚染対策は正しく、EMやEM飲料を摂取することにより、ラットを用いた動物実験において、放射線による外部・内部被害の影響が軽減される可能性が示されたのです。
(ベラルーシ国立放射線生物学研究所による研究報告)その結果は、EMをエセとする一連の問題に決着がついたのです。

 これは、EM親善大使の野本ちずこさんの著書「微生物さんのパワーを引き出すのはあなた」の巻頭の比嘉先生の文章です。
こうして、エセ情報を流すことは不可能となっても、エセ疑惑が簡単には消えないことは、エセ発信した学者さんたちの良心の問題です。
このことは、コロナ対策での対応遅れや対策の不備、これらに対しての、客観的な検証が成されないままに、無駄な1年以上を費やしている政府、首長たちの無責任さと同じです。
失敗を素直に認め、最善の策を探し当てる努力を行う誠実さが必要です。

「ごめんなさい、ずっと嘘をついてきました」加藤就一著

2021-04-12 (月)

福島原発で溜り続ける放射能汚染水の海洋投棄が発表された。
原発専門家や政府は、以前から原発稼働中は何の問題も無く、汚染水を投棄していたことを十分に承知しているから、最初から海洋投棄を実施する腹だったのであろう。
この本では、福祉第一原発が土下座して、今までの嘘を告白するという形を取っていて、原発の真実と危険性が事細かに説明されている。汚染水に関しては、その膨大な放射能の総量が問題だと言い切っている。
ついでに、六ケ所村の再処理工場が稼働すると、その放射能量はとてつもなく大量で、広く三陸沖に広がることを懸念している。

あやふやな私の記憶だが、おそらく広瀬隆氏が数十年前に週刊誌で、その危険性を暴露していた。
嘘で塗り固められた原発安全神話にうやむやにされていたのを思い出した。
この本では、余りにも多くの今までの嘘が書かれていることに驚き、早期に原発停止、の思いを一層強くした。

15項目の「ごめんなさい」のタイトルは以下の通りです。
1.私は空へ海へ、長年放射能を捨て続けてきました
2.私が事故ると被害額が国家予算を超える
3.またまた外務省が隠した報告書は、原発へのミサイル攻撃の損害試算
4.私が出す何十種類もの放射能。人体への影響が未だわからない
5.子どもたちへ、将来を心配させてしまってごめんなさい
6.西日本や韓国の原発が事故ると大変よ
7.米国ではダメダメな避難計画だと原発は働けない。けど日本は?
8.放射能は、まやかしだらけでごめんなさい
9.国策原発も、まやかしだらけでごめんなさい
10.ヨーロッパの新原発と比べ貧弱過ぎてごめんなさい
11.放射能だけでなく大量の熱を海に捨ててきました
12.大切な廃炉の話を聴いてください
13.それは私たちが出す核のゴミのこと
14.実は、原発の過酷事故は何度も起きてた
15.先進国で日本だけ、ガン死が増え続けています

ドイツ、来年末に脱原発を実現

2021-04-03 (土)

【ベルリン共同】ドイツのシュルツェ環境相は3日までに、2011年の東京電力福島第1原発事故を受けて決めた脱原発が「全く支障なく進んでいる」と強調、22年末に全17基の原子炉廃止が計画通り実現するとの自信を示した。事故から10年になるのを前に共同通信の書面インタビューに応じた。
 事故で原発の危険性を確信し、現在は再生可能エネルギー拡大に集中しているとし、「原子力は危険かつ高コストで、各国に利用中止を呼び掛けたい」と指摘。原発活用政策を維持する日本と一線を画した状況が浮き彫りになった。
 シュルツェ氏は原発の安全対策を統括している。

*日本では2050年にCO2排出ゼロ宣言を掲げたものの、未だに原発に頼った電源構成を目指している。
福島を体験して、どうして頭を切り替えることが出来ないのか、不思議でならない。
ますます経済の面でも遅れを取ることに大きな危機感を抱かざるを得ない。
有能な官僚たちは霞が関を離れ、残った忖度官僚の無能さの行く末が危ぶまれる。
 1日、道新一面に「道内から関東 新送電網」の見出しがあった。既存の北本連系線の10倍の送電容量で、洋上風力発電の導入拡大に向けて新設を提言するという。
このような提言が政策として実践されることを強く願う。

EMとはEffective Microorganismsの略語で、有用な微生物群という意味の造語です。 EMは自然界から採種し、抽出培養した複数の微生物資材で、琉球大学農学部の比嘉照夫名誉教授が開発しました。

〒061-1147
北広島市
里見町2丁目6番6
TEL:011-398-5817
FAX:011-398-5827

代表細川義治のプロフィール
2011年NPO法人
北海道EM普及協会 理事長
活動内容
・生ゴミ堆肥化の技術指導(札幌市の派遣講師事業)
・家庭菜園でのEM利用技術の普及
・授産者施設でのぼかし作りの指導
・小中学校の環境改善のためのEM利用の普及
・有機農産物の普及
趣味
・映画鑑賞
・1匹の愛猫との散歩